February 14, 2017

ギリシアの公衆電話

いつの頃からか、旅先で各国の消えゆく公衆電話の写真を、
撮るようになりました。

携帯電話の普及で、ほとんど使用されなくなって久しい
公衆電話ですが、どんどん消えて行っています。

いずれ、緊急連絡用に少しは残されるとは思いますが、
ほとんど消え去るでしょう。

屋根付きの電話ボックスに関しては、
WiFiスポットに転用されたりしていますが、
これも見なくなりました。

ギリシアでは電話ボックスは見当たりませんでしたが、
簡易的な屋外設置の公衆電話は見かけました。

屋内には所々で見かけました。

Img_5415_1024


Img_5954_1024


Img_5955_1024


Img_6139_1024


Img_6146_1024

おまけに?乗り継ぎで立ち寄ったアラブの公衆電話です。

Img_5289_1024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2016

こうのとり打ち上げ成功

大型のH2Bロケット6号機に搭載された、
ISS(国際宇宙ステ-ション)への、
物資補給船こうのとりの打ち上げに成功して、
H2A、2Bロケットの、連続打ち上げ成功記録を、
更新しました。

先ずはおめでとうございます。

先日、遺跡の発掘調査を行っている方と、
お話をした時に、話題にしたのですが、
費用対効果の問題です。

直接効果がよく見えないロマンを求めるような事は、
景気の悪い時は、予算が付きにくいのが実情です。

遺跡発掘にしろ、宇宙開発にしろ、この問題は、
何時もついて回ります。

さて、このISSの日本の負担している年間維持費、
400億円です。

こうのとりの製造コストは、140億円。
打ち上げロケットが、140億円で、合計280億円
掛かっています。

かなり高額です。

ずっと前から、これらの費用を削減するというテーマは、
あるのですが、中々現実化していないようです。

こういう分野に、潤沢にお金を回せるような時代が来ることは、
今の日本を見た場合、期待できそうもありませんが、
でも、期待しましょう??


Img_1024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2016

ポーランドの路面電車

ヨーロッパは路面電車先進国ですが、
ポーランドでも、中規模都市以上では、
必ずあり、利用者も多いようです。

トラムと呼ばれている路面電車ですが、
ポーランド語ではトラムバイというそうです。

町によって、塗装も形も違いますが、
2両編成以上が主流のようです。


12


13


14


1_2


2_2


4_2


5_2


6_2


7


8


9


10


11

最後は普通の特急列車です。 新幹線タイプの高速鉄道ではありませんが、
形状は新幹線タイプ?です。


15


| | Comments (0) | TrackBack (0)

公衆電話

携帯が普及している現在では、
公衆電話の役割は減ってきており、
世界中で見かけなくなってきています。

そんな事もあり、旅先で見つけると、
写真を撮るようにしています。

今までもアップして来ましたが、
今回はこの秋に目にした上海と、UAEの
公衆電話です。

中国では電話ボックスが、
WiFiスポットに転用されているのをよく目にします。

災害時、回線が使えなくなった場合でも、
優先復旧をされて、回線の確保がされるため、
必要最小限は、残されると思いますが、
益々珍しいものとなるでしょう。
1

2


3


4


5


6


Img_1216_1024


Img_2143_1024


Img_2147_1024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2016

H2A 31号機打ち上げ成功

気象衛星ひまわり9号を搭載した、
H2Aロケット31号機の打ち上げが
成功しました。

何度もこのブログで話題にしている話題ですが、
私の様に、実況中継を見るほどの、関心の高い人は、
あまりいないようです。

現に翌日の新聞は、1面扱いではありませんでした。

信頼性の高いロケットで、宇宙ビジネスを拡大していくことに関しては、
またいい実績が出来たと思います。

後は昔から叫ばれている、低コスト化ですね。

今回打ち上げられたひまわり9号は、8号と同じ機能で、
バックアップ機のとの事で、
運用は2022年からだそうです。

高額な費用をかけて、バックアップ機を今打ち上げる必要性は、
私にはちょっと分かりませんが、
深い理由があるのでしょう??

それよりも先ごろ大失敗した、
X線天文衛星を打ち上げる方がいいのではと、
素人的には思ってしまいます。


衛星に関してですが、どうもロケットの高信頼性に比べると、
技術レベルが劣るような気がします。

先のX線天文衛星ひとみに関しても、
考えられない指令ミス。

以前話題になった、奇跡的に地球に帰還したはやぶさも、
よく考えれば、衛星の故障が原因で、
その解決法が、美談?として、注目を集めたものです。

難しい事ではあるのでしょうが、
衛星の信頼性も、もっともっと向上出来るよう、
技術者の奮起をに期待しましょう。


さて時を同じくして、3日に中国の最大推進力を誇る、
長征5号の打ち上げ成功のニュースがありました。
新聞の扱いはなく、ネットのニュースで知りました。

この分野も、とうの昔に、中国に先を越されて、
差が開くばかりです。

技術立国日本の将来が、大変不安です。

Img_0279a_1024


Img_0002_1024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«今年のノーベル賞